強度近視の視力矯正エピレーシック

エピレーシック手術後の検査(術後9ヵ月後の検査)


 
9月5日、神戸クリニックの梅田に9ヶ月検診に行ってきました。

数値や視力は、前回の8ヶ月検診とほとんど同じでした。 多少、悪い左目が、視力は、0.9よりでているのですが、Cの空いている箇所を特定するのが、ブレて 判断しにくかったです

。 左目は、ブレのひどい時とそうでもないときがあります。 ブレは、遠方も近辺も同じ感じです。 左目の方が、近視なので近くが右目より鮮明かというとそうでもありません。

やはり、近くてもきちんと見えるのは、右目です。 9ヶ月ほど経過して、新しい目になれてきましたので、普段の生活は、快適です。

バイクに乗ることも多いのですが、裸眼で風を受けて運転できます。

お風呂も強度近視のときは、裸眼では、シャンプーなどを取るときも勘で手探りで取っていましたが、今は、何もかもハッキリ見えます。

先生にも言ったのですが、まだ、かゆみがあり、時折すごく痒い症状があります。

ですが、ステロイド系の目薬を止めて直後の激しいかゆみよりは、だいぶましになってきています。

もうひとつが、運転をしていて、車などから降りてすぐには、近くの焦点がぼやけます。 焦点があってくるのは、5分ぐらいかかります。

近くを見るパソコン作業をしていて、車で運転をすると、30分程焦点がきちんと合うまでかかります。

これは、普通のレーシックをしていない人が、どうかわかりませんが、今のところ遠近両方とも時間がかかります。

かゆみと焦点の時間以外は、すごく快適です

。 次回は、10ヶ月検診で徐々にエピレーシックの手術をしてから、1年に近づいてきました。 また、来月、見え方などお知らせします。









 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


Introduction

レーシック 情報館の管理人です。このサイトで強度近視だった管理人がエピレーシックという視力矯正方法を体験し、メリットとデメリットの情報を実体験をもとに今後、レーザー手術を考えてられる初心者の方に判りやすく解説したサイトです。特に同じ強度近視の方にご覧頂きたい!

Contents
トップページ
レーシック エキシマレーザー
レーシック 手術の失敗
レーシック 術式の種類
エピレーシックの見え方 
クリニックの選び方
各クリニックの特徴

 

Information
管理人
リンク集
サイトマップ
当サイトの使い方

 

Report
適応検査
手術のレポート
手術後の検査1
手術後の検査2
手術後の検査3
手術後の検査4
手術後の検査5
手術後の検査6
手術後の検査7
手術後の検査8
手術後の検査9
手術後の検査10
手術後の検査11
視力の変化
目薬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国に情報発信
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石山,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄




Copyright© SitePlanning Co.,Ltd.
All Rights Reserved.