強度近視の視力矯正エピレーシック

エピレーシック手術後の検査(術後2ヶ月後の検査)

?

今日は、2ヶ月検診でした。正確には神戸クリニックでエピレーシックの手術を受けてから63日目の検診です。

神戸クリニックの梅田に2:30から検診でした。 まず、オートレフラクトメータで度数などの測定、続いて眼圧の検査、次に視力検査そして最後に角膜の形状検査をしました。

肝心の視力は、右目が0.9で左目が0.5でした。今日は、左目が調子良かった。なんと今朝、起きたときから細かい字が、読みやすくなっていたので変化があったことは自覚していました。

6ヶ月くらいは、変動があるみたいです。度数の入ったレンズを付けての検査では、毎回、右目は視力が上がるのですが左目は、上がりません 左目もレンズで矯正すると見やすくはなるのですがCの文字の切れ目が認識できないのです。

診察時に今日の先生が、『前よりも良くなっているはずです。視力測定よりも私は、度数を信頼します』 と力説されたのですが、視力と機械で測定する度数とは違うはずです。

度数が悪くても視力が良い人もいますし、逆もいます。現に私の今の見え方は、C(ランドルト環)の切れ目が認識できる視力が右目が0.9で左目が0.5です。 左目が、特に具合の悪い状態です。

度数は、右目が0.00で左目が−0.25でほとんど近視は無い状態といわれたので少しうれしかったです。

眼圧は、昨日の夜も目が、圧迫される感じで痛み?で夜中に少し目がさめたのですが、やはり検査結果は、18で高かった。

眼圧を下げるキサラタンを寝る前に点眼するように指示されました。 ちなみにキサラタン点眼液の眼圧降下作用は眼房水の排出を促進するただそうです。作用は3〜4時間で現れ、効果は8〜12時間持続。

1日2回点眼すると効果が下がる。 虹彩に色素(メラニン色素)が沈着し色が濃くなる。 これは重大な副作用で点眼を中止後も消えないので注意が必要です。 などなどネットで集めた情報なのですが一番良いのはお風呂前に点眼して顔を洗うべしです。

目薬は、抗菌剤マロメール2本、フルオメソロン0.02%が1本、ソフトサンティア3本もらいました。 早く点眼から開放されたいな〜





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 


Introduction

レーシック 情報館の管理人です。このサイトで強度近視だった管理人がエピレーシックという視力矯正方法を体験し、メリットとデメリットの情報を実体験をもとに今後、レーザー手術を考えてられる初心者の方に判りやすく解説したサイトです。特に同じ強度近視の方にご覧頂きたい!

Contents
トップページ
レーシック エキシマレーザー
レーシック 手術の失敗
レーシック 術式の種類
エピレーシックの見え方 
クリニックの選び方
各クリニックの特徴

 

Information
管理人
リンク集
サイトマップ
当サイトの使い方

 

Report
適応検査
手術のレポート
手術後の検査1
手術後の検査2
手術後の検査3
手術後の検査4
手術後の検査5
手術後の検査6
手術後の検査7
手術後の検査8
手術後の検査9
手術後の検査10
手術後の検査11
視力の変化
目薬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国に情報発信
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石山,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄




Copyright© SitePlanning Co.,Ltd.
All Rights Reserved.