強度近視の視力矯正エピレーシック

レーザー照射による視力回復

エキシマレーザーによる角膜加工

レーザー照射イメージ

 普通、レーザーというのは、強いエネルギーで厚い鉄板をも通してしまう怖いイメージがありますが、エキシマレーザーは、加工箇所以外は、影響を与えずに火傷もせずにマイクロメートル(μm)1000分の1ミリ単位で精密に加工できる(アブレーションといいます。)特殊なレーザーなのです。

 

レーシック(LASIK)の手術を理解するのに、エキシマレーザーという特殊なマシーンを理解する事が、1番のポイントだと思います。

 

エキシマレーザー画像現在、レーシックで使用されているエキシマレーザーは、何種類かあり、特徴として日本製の Nidekは、照射方式が、細く往復運動や回転運動で加工します。米国製のVISXは、比較的太い径のレーザー照射になります。その他ドイツのウエブライト社製のアレグレットシリーズもあります。このように同じエキシマレーザー機器でも製品によって照射方式の違いがあります。どんどん精密で安全なエキシマレーザーが開発されています。

 

管理人が、神戸クリニック三宮でエピレーシックの手術を受けたレーザーマシーンは、アレグレット『EYE-Q』というマシーンです。

 

レーシック手術の失敗

レーシック手術後の合併症

 レーシックの手術は、失明などの症例は、無く比較的安全な手術と言われています。しかし、メガネなどの矯正と違いやはり、手術ですので、メリットばかりでなく、デメリットも検討しましょう。

・角膜拡張(ケラトエクタジア)

角膜の中心部分の厚みは、通常約0.5ミリあります。レーシックは、この厚みを減らして目に入る光の屈折を変える手術になります。手術後の厚みが薄くなりすぎると目の中の圧力に負けて薄い厚み部分が、中から飛び出す形になります。この場合、近視やひどい乱視状態になります。

・実質内上皮迷入

レーシックの手術で作成したフラップ(角膜上皮やボーマン膜を含む)下に角膜上皮が、迷入してしまうことです。

・角膜混濁(ヘイズ)

PRKやエピレーシックの角膜上皮の再生で角膜にニゴリが、発生します。通常のレーシックでもフラップ下部にニゴリが発生します。

・ドライアイ

一時的に目が乾燥する状態でこれは、手術時に細かい神経なども一緒にカットする為と言われている。

・ハロー

術後の夜間の見え方で信号などの明るい光の周囲に輪状のモヤがつく現象。

・グレア

術後の夜間の見え方で明るい光や照明がとてもマブシク感じる現象。

 

レーシック(LASIK)の手術の失敗は、稀に起こる重度のものと一時的に起こる軽度なものがあります。可能性は、どういう種類のレーザー手術にしても強度近視の方は、中、軽度近視の方より大きい。

 

レーシック術式の種類

個人の状態によってベストな選択を

・レーシック

レーシックの手術で最もポピュラーな術式→マイクロケラトームというカンナ状の電動メスを使用してフラップを作成します。レーザー照射後にフラップを元に戻す術式です。PRKなどと比べると術後の痛みも少なく、視力も直ぐにでます。

・イントラレーシック

レーシックの発展型→レーシックが、フラップを作成するのに電動メスを使用するのに対してこのイントラレーシックは、レーザーでフラップを作成します。カンナ状の電動メスよりもフラップの厚みを薄く作成することが、できるのが、特徴です。

・PRK

レーシックと同様にレーザーを照射しますが、基本的には、フラップを作成せずに角膜上皮から直接レーザーを照射します。レーシックよりも術後の痛みがあります。角膜上皮の再生度合いによって見え方が違ってきます。視力が、安定するまでに少し時間がかかります。

・エピレーシック

PRKの発展型の術式です。PRKが、角膜上皮から直接レーザーを照射するのに対して、薄いフラップを作成してその下部部分からレーザーを照射します。レーザーがより正確に照射できます。フラップ部分は、角膜上皮に作成するために再生しますのでレーシックに比べて術後、ボクシングなどの直接目に打撃のあるスポーツにも向いています。

・フェイキックIOL

レーシックと異なり目の加工は、行わずに眼内にレンズを挿入、装着します。強度近視や角膜が薄くレーシック手術の適応外の方も矯正できます。眼内にレンズを入れての矯正なので、出せば又もとの目に戻れます。

 

管理人は、強度近視の為に通常のレーシックは、適応外でした。イントラレーシックエピレーシックかで迷った結果、エピレーシックにしました。それは、合併症の種類でのリスクと激しいスポーツをする可能性などを考慮した結果です。

 

 

エピレーシック

術後の見え方の検証1

レーシック情報館の管理人である私は、2007年11月28日に神戸クリニックでエピレーシックの手術を受けました。

術後の見え方の検証を記述する現在は、術後約40日経過しています。見え方は、日々変化し現在進行形ですが、現在までの見え方の検証と今後も経過に即してみなさんにお知らせします。

オートレフラクトメータ(メガネ屋さんなどで視力測定の目安とするために屈折率や乱視度数を光学的に測る機械)で先日、屈折度数などの計測をしてもらいました。右目が-0.75で左目が-2.0で乱視度数が左右の目とも、0.75でした。

屈折度数でいくと左が0.3〜0.7ぐらい右が0.5〜1.0ぐらいの視力で落ち着きそうです。乱視は、もともと右目には、なかったのですが、エピレーシック手術後の現在は、乱視になっています

現段階での視力は、両目で0.8〜1.2ぐらいだと思います。確か?普通自動車の免許の資格は、両目で0.7です。

現段階での見え方は、自動車やバイクの運転は、できます。標識の文字が乱視的な見え方になったり、コントラストが薄かったりで認識しにくいです。細かい字は、見ずらくなりました。事実エピレーシックの術後から本を一冊も完読できていません。

現段階では、目での認識を非常に重要視する職業の方には、オススメできません。日常生活では、テレビなどはよく見えます。道路の向かい側の人の顔は、誰であるか?認識しづらいです。

上記の表現でだいたいのニュアンスは、伝わりますでしょうか?

さて、何故このような微妙な見え方になるのでしょうか?

角膜実質層を削った面は、どういう形になっているのか?いずれにしてもこの面は、再生などしないとの事なので、もしこの術後の乱視が治るとしたら再生している角膜上皮部分が、もっと精密に再生していくのだろうと思います。

近視が強いほど、角膜実質層を削る厚みが多くなるみたいです。これが、術後の合併症の可能性を大きくしていると思われますが、見え方としては、削る厚みが多いのと少ないのとちがうのでしょうか?

という疑問が湧きます。想像するに近視矯正のレーシック手術は。角膜での光の屈折を弱めるために再生しない部分を平坦?に削り、光の屈折角度を弱く?します。

そうすると角膜と水晶体の間で網膜の焦点までに正視に近い状態でピントが合う理屈なので同じように見えるはずです。

 しかし、色んな方のネットでの体験談を調べていますと強度近視などの場合は、近視が弱い人より術後の視力が思ったほどでなかったり、乱視になったりする方が多いと思われます。

 考えられる可能性としては、

@再生した角膜上皮面と削り取った角膜実質面には、クリアランスがあると思うのですが、その間隔が削る量の多いほど正視の見え方と異なる。

Aエキシマレーザーの種類や照射方法、照射をする人の技術にもよると思われますが削る量の多いほど計算との誤差が生じやすい、或いは削る形状が上手くいかない。

 

現在の見え方は、まだ不安定な状態で結果は、出ていません。再手術や安定後にメガネによる矯正も考えられます。現段階では、日常生活にあまり不便を感じないぎりぎりの視力です。今後は、見え方の変化や合併症の有無もお伝えしていきます。

 

術後の見え方の検証2

上記の術後の見え方の検証1の見え方は、術後40日目ぐらいの見え方のレポートですが、術後の見え方2としてエピレーシック手術後、約9ヶ月 現在の見え方を記述しておきます。

まず、 エピレーシックの術後から

1カ月目までの検査

術後75日までの見え方

2カ月目の検査

3ヶ月の検査

4ヶ月の検査

5ヶ月 の検査

6ヶ月の検査

7ヶの検査月

8ヶ月の検査

9ヶ月の検査

で記述してますように視力は、上がったり下がったりの波がありました。

しかし、ここ1カ月ほどは、左右とも落ち着いてきました。右目が、1.0〜1.5で左目が、0.6〜0.9ぐらいです。

術後すぐは、二重にダブって見えるのが、不安でしたが、徐々に改善されましたし、見え方の濃さ(コントラスト)も慣れてきたのかどうか、自然な感じで見えます。

左右の視力差も意識しなくなってきています。 エピレーシックの手術前の強度近視の時よりは、近くの物が、見ずらいですが、寝転んで本も読めるようになりました。

何といっても、色合いが綺麗に見えます。

テレビや映画の画像もそうですが、外の色んなカラーが目に飛び込んできます。

エピレーシックの手術を受ける以前の強度近視の見え方は、メガネやコンタクトで矯正して1.0ぐらい出しても、色合いや明るさは、現在の見え方が勝ります。

エピレーシックの手術を受けてから、後3ヶ月ほどで1年になりますが、やはり通常のフラップを残すレーシックと違い落ち着いたりおよその結果が出るのに、約1年かかりました。

今後も、左目の再手術を検討していきます。

、今のところ懸念しているヘイズも出ずにキレイに見えています。

自分もそうでしたが、強度近視の方にとって普段、メガネやコンタクトでの矯正をする不便さ

矯正しても見ずらいし、目の疲れは、大変だとおもいます。まだ、新しい技術であるエピレーシックですが、見え方は今、現在(9ヶ月現在)では、快適になっています。

今後、目の状態などレポートし続けますが、9ヶ月現在においては、自分の場合成功だと思います。

レーシックをするクリニック側のサイトは、情報としては、一方的になりがちなので、実際のエピレーシック経験者のレポートを見て頂きたく思います。

まだまだ、今後、目の状態も変化すると思いますので今後、強度近視の方でエピレーシックによる矯正を考えている方の参考になればと思います。

術後9ヶ月目にして、見え方は、大分落ち着きました。現在は、非常に快適です。

術後の見え方の検証3

10ヶ月の検査

1年検診

エピレーシックの術後、約1年経過しました。

何と今までこの1年間 右目に比べて非常に見えづらい状況が続いていた

左目が、1.0〜1.2ぐらい見えるようになりました。

右目も1年経過した現在1.5見えています。

私の場合は、年齢てきなもので角膜の治癒が、遅いと思いましたが

ほんとうに丸々1年経過しないとエピレーシックの結果は、出ませんでした。

左目の再手術を経過途中でやってしまっていたら、どういう結果になったでしょう?

現在の見え方は、非常に快適です。左右の差もあまり感じられず

夜間のハローやグレアも光源を直視しないようにすれば、問題ない範囲です。

夜間の視力の低下もあまり感じられません。

どちらかというと私の場合は、夜間も良く見えます。

手もとの30cm範囲の細かい文字は、見えにくくなりました。年齢的なものもあると思います。

しかし、術後すぐから何ヶ月間よりもだいぶ近くも良く見えます。

実際、術後に本を読むと大変疲れましたが、現在は、大丈夫です。

パソコンの文字も問題なく見えます。

メガネなどで矯正していた時は、近くのものもまったく苦にならなかったのですが

もしかしたら、レンズの中心を見たり、中心ではないところを見たり

自分で調整していたかもしれません。エピレーシックという矯正方法がそうなるのかもしれません

今後も変化を追っていきたいと思います。

エピレーシックを手術する前からなのですが飛蚊症の症状が出ていたのですが

少し、進行したように思います。

これは、エピレーシックの手術とは、関係ないと思われます。

ドライアイ現象といいますか、朝目覚めたときの一発目のマバタキが

まぶたにくっついて痛いときがあります。

それと乾燥によるものか目が非常に痒いときがあります。

総合的にみてもエピレーシックの術後一年後の現在は、手術を受けて良かったと思います。

裸眼での生活の快適さは、計り知れないものがあります。

同じエピレーシックを受けられた方あるいは、これから手術を受けようと思っている方に

実体験談を報告すると共に、エピレーシックの術後1年は、結果を待ってくださいと

今は、伝えたいのです。

今後も見え方の変化などを報告します。 まだ、1年ですが数年後、数十年後には変化するかもしれません。

エピレーシックは、術後1年で結果がでます。慌てずに経過をみましょう!

 

 





 


Introduction

レーシック 情報館の管理人です。このサイトで強度近視だった管理人がエピレーシックという視力矯正方法を体験し、メリットとデメリットの情報を実体験をもとに今後、レーザー手術を考えてられる初心者の方に判りやすく解説したサイトです。特に同じ強度近視の方にご覧頂きたい!

Contents
トップページ
レーシック エキシマレーザー
レーシック 手術の失敗
レーシック 術式の種類
エピレーシックの見え方 
クリニックの選び方
各クリニックの特徴

 

Information
管理人
リンク集
サイトマップ
当サイトの使い方

 

Report
適応検査
手術のレポート
手術後の検査1
手術後の検査2
手術後の検査3
手術後の検査4
手術後の検査5
手術後の検査6
手術後の検査7
手術後の検査8
手術後の検査9
手術後の検査10
手術後の検査11
視力の変化
目薬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国に情報発信
北海道,青森,岩手,秋田,宮城,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,群馬,栃木,愛知,静岡,三重,岐阜,新潟,長野,山梨,石山,富山,福井,大阪,京都,奈良,兵庫,滋賀,和歌山,岡山,広島,鳥取,山口,島根,愛媛,徳島,高知,香川,福岡,佐賀,長崎,大分,熊本,宮崎,鹿児島,沖縄




Copyright© SitePlanning Co.,Ltd.
All Rights Reserved.